09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

白い壁

2015/06/29
我が家の天井高は3メートル。

アート好きの大家さんはこのアパートを買ったとき、展覧会が開けるようにしたいと思ったらしい。
スポットライトを配置し、絵を壁がけできるようなシステムを作り付けた。

中庭に面した大窓から直接お客が入れるようにして、
何度も展覧会を開いたって聞いている。

壁面積が広いから、背の高い家具を置いても、まだ余る。
そこに絵を掛けるとちょうど良い感じ。
スポットライトは使えなくなってしまったけれど、
真っ白に塗り替えた壁に絵が映える。

私がここに越してきたとき、壁には油絵が飾ってあった。
「友人の画家さんが日本に帰るときに置いてった。一応売り物なんだよ」
と旦那ちゃん。
フランスとイタリアの風景画。
透明感のあるブルーが美しく
一番好きな絵をソファーの正面に飾って、
そのほかの5枚はリビングの壁や、玄関の壁にかけ、
「おまえら、売る気あんのか?」
って怒られても仕方がないほど自分たちで楽しんだ。

今回帰るに当たって、当の画家さんに相談したところ、
「友人が引き取ってくれるから」
との返事。

今朝、名残を惜しみながら壁から外し、
長年のほこりをぬぐって、その方にお渡しする。

絵のなくなった白い壁。
がらんどうの壁。

自分が買った家具だけど、安くて小さい家具が余計みすぼらしく見える。


いつかまた、白い大きな壁のある空間に住んで、
好きな絵に囲まれながら住みたいと思いつつ、
また一つお別れを言ったのでした。



スポンサーサイト
17:40 日記・雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。