09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

晩餐

2015/08/30
ヴァカンスも終わりに近づいてきて、ゆるゆる人が帰ってきた。
「会いたい」
とか、
「夕食にいらっしゃい」
とか
連絡が入る。
引っ越し間際になると、きっと時間がないだろうから、
招待されたらすぐ受けるし、
こちらからもどんどん招待することに。

日本だったらこんな時、飲みに行くんだろうな、と思いつつ、
ここはフランス。
夕食を食べに家に呼ぶってのが一般的。

部屋をきれいにして、テーブルセッティングをして、
アペリティフの準備。

来客はまずソファーに座っていただいて、スナックやサラミ、オリーブなどつまみながらアペリティフ。
お話の盛り上がりと飲み物の減り具合、時間を見てきりの良いところでテーブルへ。
食事はもちろんアントレ→メイン→(サラダ→チーズ)デザートと進む。
だいたいすべて手作りだけど、
あんまり料理の得意じゃない人や、大人数で手が回らないときは、買ってきた物を使うことも。

そんなわけで8月後半は2週間で4度ディナーをし、1度およばれ。
その中でも大切なお客さんの2度は緊張したぁ。

いつも素晴らしく手の込んだお食事を作ってくださるご一家を招いたときは、
北京ダック。

中華街で焼けた鴨を丸1羽仕入れ、(心臓の弱い方お気をつけ)

DSC03250.jpg

包丁で皮をはぐ。

DSC03251.jpg

残りのお肉は丁寧に骨を取って、野菜炒め。

DSC03254.jpg

お味噌を煮詰めて甜麺醤を作り、
シュンピンを作って丸く伸ばす。
生姜ご飯と肉味噌、茄子の炒め物とニラ、もやし、卵の炒め物。
忘れちゃいけないネギとキュウリの千切り。

そんなのをテーブルに一気に並べて、
焼きたてのシュンピンに好きなようにとって、巻いて、食べる趣向。
わいわいがやがや、賑やかに、
おしゃべりにも花が咲いて、楽しい夜になりました。






スポンサーサイト
15:31 日記・雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 晩餐2 | HOME | 最終日 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。