09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

大忙し

2015/11/28
自室の壁1面が押入れ仕様。
これが使いにくいので、クローゼットに作り替えたいとず~っと思っていた。
帰国してから、見積もりを出してもらって、荷物がつく前に工事をするようお願いしておいた。
ところが大工のおっちゃんからは、なしのつぶて。
色々現場が忙しいからなのか、ま、他にもやることがたくさんあるので、そのままにしておいた。

と、今週の火曜日の午後、ピンぽ~んと玄関口に立ったのは大工のおっちゃん。
「ちょっと見に来たの」
と、2階に上がっていくと、無言で寸法を測り、何度かうなずいたと思ったら
「明日から来るから。8時半ね」
と捨て台詞(?)を残して帰って行った。

え~~~~~~おっちゃん!
てことはさ、今日中に押入れの中の物、全部出さなくっちゃいかんじゃないか~~~~。
ひえ~~~~~~~~。

というわけで、大車輪で働いて、
押入れの中の物すべて移し、ベッドも空にして下の寝室へ移し、
民族大移動。
まったくもう。半日つぶれちゃったじゃないの。

翌日8時半に現れてたおっちゃん。
空の押入れに早速組みつく。

DSC03539DSC03539.jpg

右の押入れは、枠の中にもう一つ枠が入っていて、
上の部分が移動式本棚になっていた。服はたくさん入れられないし、本棚も使いにくい。
左の押入れは洋服が吊れるけど、下の引き出しが奥が深すぎて使いにくい。
なので、戸袋を残して全部外してもらう。

と、内枠を外したところで戸袋が落ちてきた。
大声で呼ばれダンナちゃんと2階に駆けつける。
中に入っていたものを隣の部屋へ。
なんしか、戸袋には文学全集やら歴史百科事典やら、古い雑誌や写真など、ちょ~重い物ばっか。
おっちゃん1人が崩れそうな戸袋を抑え、残りの人数でリレー。
全部運び終わった時には全員で「ほ~」っとため息。

気を取り直して、空っぽになった押入れの壁をぶち抜いて、廊下までの大きな穴をあける。

DSC03556DSC03556.jpg

そこへ、あらかじめ作ってあった棚をはめ込み、
部屋から壁を作って閉じる。

DSC03563DSC03563.jpg

そう、廊下側を本棚にしてもらい、
部屋側は奥行を削ってクローゼット使用にしてもらったの。
ま~2階は木屑やらほこりやら、騒音やらすごかったけど、
夕方五時に仕事納めになった時にはほら、見事に仕上がってました。

KIMG0026KIMG0026.jpg


後は建具屋さんが扉を取り付けてくれるのを待つのみ。
1日練習もできずに階下の部屋に缶詰になっていたのに、おっちゃんが帰った時にはなぜかぐったり。

ああ、こうしてはいられない、動かせるものは動かして、
場所を開けなくっちゃ。

なんしか明日の9時にはパリからの荷物が50個届く~~~~~。


あ~死にそ~~~~~




スポンサーサイト
15:02 日記・雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。