09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

初仕事

2015/12/04
急に舞い込んだ演奏依頼。
ダンナちゃんの後輩さんから打診があって、
1も2もなく承諾する。

打ち合わせはパリから荷物の届いた日。
午後に、郡山から45分ほど車で走った大玉村に向かう。
ゴルフ好きが見たらよだれをたらしそうな、ホテル、温泉付きゴルフ場(カントリークラブっていうのか?)
初雪化粧したゴルフ場は美しい。
今年から冬季もオープンするということで、
プレス会のディナーで演奏してほしいとのこと。

オープニング20分、ディナー中30分。
結構長い。

帰宅後さっそく荷物をひっくり返して楽譜をあさる。
「荷物届いててよかったよね」
といいつつ、
「あ、これ!そういえばあったっけ」
とか、
「あれ?こんなとこに関係ない本が入ってる」
とか寄り道しつつ
で、30冊ほど楽譜を引っ張り出して選曲。

ざわざわした会場だろうとなんだろうと、気に入らない曲は弾きたくない、
というのは自分のわがまま。
少しでもいい曲を、いい演奏を、と思うせいで、難しい曲が増えて自分の首を絞めることになる。
結局玄人好みのとんがった選曲。
バカだな~と思いつつ、やっぱ弾いていて自分も楽しいほうがいいじゃんと。

さて当日、2時間前に会場入りしてリハーサル。
場所を決めたり椅子の高さを調節したりして、
音出し。

スクリヤピンの小品を弾き初める。
最初の一音から目に浮かぶのは、霧のかかった南国の朝。
ゴーギャンとかそういう感じ。
目の前にスクリーンのように風景を広げ、
耳には音を浮かべ
集中しているその時、
漂ってきたのは




そこはかとない・・・・・だし汁と醤油のかおり・・・・・




う~ん、良いんだけどさ。




考えたらこの香りの中で演奏したのって、25年ぶり!?
そうだよね。


まあね。


うん、日本に帰ってきたんだよね。


と実感した瞬間でした。










奮闘中

12316604_763128587150140_5236112220456474479_n.jpg




スポンサーサイト
00:41 日記・雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。