09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

東京・そして方向音痴

2016/01/20
さて急な用事ができて東京に向かうことになる。
今回は日帰り。用事だけ済ませ、その後友人とお茶して、さっさと退散。
というわけで日曜の朝、郡山にしては薄着をして出かける。

前回もその前も、郡山仕様で厚着して、東京で大汗かいた経験があって、
今回はさらっと薄着。
だって、大きな荷物もって、厚手のセーターにダウンコート着て
だらだら汗かきながら、送風のかかっている東京の地下鉄に乗っていると
相当みじめな気分になるもんです。

で、新幹線の席に陣取ってしばらくすると、ブブッと携帯が鳴る。
あら、ダンナちゃんたらもうメッセージくれた?
と、見てみると、そこには姉から
「緊急連絡。母ぎっくり腰」
の文字。
ええっ!
どうやら姉から母に電話をしたところ、
「何とか動いてるし、冷凍食品食べてるし、わざわざ来なくてもいい」
と言ってきたというが、心配なのでどうしたらよいかという相談。

大宮から埼京線に乗り換えつつ、
「私実は今東京。用事があるけど、その後なら京都、行けなくもない」
と返事を返す。
忙しい姉と失業者の妹なら、やっぱ妹が動くべきですよね、ここは。
ま、そんな時に役に立てるよう帰国したようなもんですし。

で、とんとん拍子に決まった京都行き。
コンビニで着替えのおパンツと乳液の小瓶、携帯の充電器を買い、
用事を済ませて、友達との約束をキャンセル。
姉に連絡して、軍資金をもらうべく新宿駅で待ち合わせ。

「新宿のどこなら分かりやすい?」
と、完全おのぼりさんのワタクシ。
「東口ならわかるで」
「ほな、改札出たとこで待ち合わせしょ」

先に着いたのは私のほう。
しばらくするとブブッと携帯が鳴る。
「着いたけど、あんたどこ?」
「私、改札出たとこ。ルミネに上がるエレベーターがある」
「えっ、あたしもそこにおるけど、あんた、どこ?」
「どこって言われても・・そやから、改札が目の前で・・・」
「あ、もしかして地上か?階段あるから登ってみるわ」
といったん切れる携帯。


しばらくしてブブッ。
「あんたどこ?」
「そやから、ルミネに上がるエレベーターのとこ。いや、ここ地上やないと思う。あたしも上がってみる」
と階段を駆け上り、
「地上出たで。新宿駅東口って大きく書いたぁる」
「うそ、あんたどこや。何が見える?」
「えっと、そやから新宿駅って書いてあって、道の反対側に、あ、アルタ・スタジオて書いてある」
「へ?アルタ?どこや。あ、わかったそっちか。今行くわ」
「赤いポストの前におるさかい」

でっかい声の関西弁で携帯片手に右往左往。
お互い相手を見つけたときは、最初の電話から10分近くも立ってから。

どうやら姉妹そろうと道に迷うことになっているらしく、
以前も丸の内の有名なビルにあるレストランにたどり着けず、
地下にもぐったり地上に出たりしながら、東京駅の周辺を30分以上も捜し歩いたことがありました。

もう、姉さん、あんた何年東京暮らししてんのよ!



スポンサーサイト
10:03 日記・雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示
« 京都再び | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。