09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

東京~その3~

2016/03/05
旧友とのおしゃべりは楽しい。

東京3日目もリハーサルを終え、
神楽坂へ繰り出す。
パートナーのHちゃんとおしゃべり。

思い出話はもちろんのこと、
あの人、この人の近況、
音楽の話、家族の話、
知らなかった彼女の「パリに至るまで話」まで飛び出した。

翌日は幼馴染のチェリストと、同門の先輩とランチ。
3人とも恩師、井上頼豊門下で関西出身。
これも思い出話に花が咲く。
井上先生のエピソードも飛び出す。
専門的な楽器の話がたくさん聞けた。
今度のコンサートに選んだ曲の、井上先生の資料を送ってもらえることになって、
大喜び。

夜は一転ダンナちゃんの大学時代のオトモダチたち。
こちらはまっとう(?)な社会人方。
外国暮らしを経験した方が多くて、話題が広い。
社会の話、旅の話、絵画や音楽。
さすが、落ち着いた大人の雰囲気。
やっぱり、音楽してるヤカラとは一味違います。

そして、翌日のランチは旧友Sちゃん。
ピアニストとして頑張る彼女は相変わらずの頭の回転の速さ。
一回りも二回りもたくましくなって、大きくなって、
でも芯のところは変わっていなくて、ステキな女性。
沢山学ぶところがあって、もっともっと話していたかった。

夜はパリにも住んでいたピアニストのAちゃん宅へ。
国際コンクールで入賞したこともある彼女はピアニストとしても、教育者としても乗りに乗っている。
学生の頃はそんなに親しくしていなかったのに、
パリで再会してから、距離がぐっと近くなった感じ。
にゃんこちゃんに癒されて、美味しいものをいただいて、
旦那様同士も楽しくおしゃべり。
此処がパリでもおかしくない、懐かしいホームパーティの雰囲気。
いつか、一緒に弾いていみたい…と思いながら、幸せな夜になりました。

最後の日はリハーサルを3時間ほど入れて、
その後旧知の友人家族のお宅へ。
パリでダンナちゃんが知り合い
その後私も親しくなったご家族。
ダンサーのAさんと画家のTさん、大好きなお母さま。
毎年のように会っているせいか、
毎年毎年の変化がよくわかる。
変化の仕方は違えども、別の道を歩んでいれども、
色んな事を乗り越えてきた同士みたいな感じがする。
沢山しゃべりをして、次会うときはどんなふうになっているか、
と想像しながらのお別れ。

いやいや、何ともリッチな東京滞在でありました。


スポンサーサイト
15:35 日記・雑記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。